次亜塩素酸水の有効性なしの報道に関して

まずはコロナ禍における医療従事者様達に敬意を表します。
さて、2020年5月29日、報道にてアルコールの代用として注目されていた次亜塩素酸水が新型コロナウィルスへの効果無効との一報が流れました。

弊社でも弱酸性(㏗5~6)の塩素濃度100ppmの次亜塩素酸水を取り扱っている関係上この報道は無関係とは言えません。内容の真偽を確かめ次亜塩素酸水をご購入頂いた全てのお客様に誠意を見せなければなりません。

事実関係を調査している最中に報道の出元と言われるNITEのホームページにて報道とは異なる内容にてQ&A形式にて回答されておりました。

次亜塩素酸水自体に効果がない訳ではない点や一部報道による内容は経産省やNITEの見解を記したものではないといった回答でした。また今後も有効性を調査を継続していく必要性にも触れておりました。

以上の事より初期の報道は誤報と弊社しては認識しております。
報道によりご心配や不安を与えてしまったお客様に対しお詫び申し上げます。

今後も有効な情報が判明いたしましたら営業担当を通じてお客様に情報の伝達は行って参りたいと思っております。